最近のコメント

    管理系ネットワークエンジニアの需要と状況

    ネットワークエンジニアの専門職としての仕事はネットワークシステムの考案や構築が主な仕事であり、クライアントの求めに応じて適切なネットワークを開発することが最も活躍できる舞台となっています。こういった開発に携わる人材の求人募集はそれほど多くはないものの、高い能力が求められることから給料も高めに設定されることが多い花形の仕事の一つです。

    それに比べて需要が高まっているのがネットワークシステムの管理や保守の仕事を担うネットワークエンジニアです。その需要の高さから求人募集も多く、一般企業からの募集も多く見られる傾向があります。こういった仕事に就く場合には職場での仕事は開発系のエンジニアと比べると大きな差異があります。新しいものを生み出すことよりはむしろ現状の安定さをいかにして維持するかということの方が重要視されるからです。

    特に一般企業の職場においては個人レベルでのネットワークに関するトラブル対応も求められる傾向があり、技術者としての能力の高さよりも知識の幅広さとコミュニケーション能力の方が重要になる場合もあります。勤務先の企業によっては保守や管理の仕事の合間にネットワークシステムの改良も要求されますが、多くの場合にはトラブル対応だけでも十分に忙しくなってしまい、改良にまで手が回らないことが多いのが実情です。職場によって多少の違いこそあれ、トラブル対応を基本とした仕事になる状況になっています。
    尚、求められるネットワークエンジニアの技術の内容がこちらのサイトに記載されていました。<ネットワークエンジニア求人進化論>

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>